Life-edge ~iPhone・Mac・デジモノ系情報発信ブログ~

iphone・Mac・デジモノ・webサービス・ゲームなど、管理人の僕が気になるモノを紹介しているブログです。

*

Google AnalyticsをSTINGER5に設定する5つの手順

   

あなたのブログはアクセス解析をしていますか?もし、アクセス解析をしていなのでしたら、無料のアクセス解析「Google Analytics(グーグルアナリティクス)」で、今すぐアクセス解析をしてみよう!

 

google_analytics_b

wordpressテーマ「STINGER5」にGoogle Analyticsを設定する方法を紹介します。

1.Google Analyticsにログインまたはアカウント作成

※Google Analyticsを利用するには、Googleアカウントが必要です。Googleアカウントは他のウェブサービスを利用する上で必要になる事があります。今後のためにも作っておきましょう。

関連記事:簡単にGoogle(グーグル)のアカウントを作る方法とは?

スクリーンショット 2015-02-14 22.20.49

Google AnalyticsのサイトURLを上の様なログイン画面が表示されるので、右上の「アカウント作成」をクリックして下さい。

Google AnalyticsnのサイトURL:http://www.google.com/intl/ja_ALL/analytics/

 

2.Google Analyticsのお申し込み

アカウント作成をクリックすると、お申し込み画面が開きます。特にする事は無いので、右側の「お申し込み」ボタンをクリックしましょう。

スクリーンショット 2015-02-14 22.32.40

3.新しいアカウントの設定

「お申し込み」ボタンをクリックすると、下の様なアカウント設定画面が表示されます。

スクリーンショット 2015-02-14 22.33.39

トラッキングの対象・・・Google Analyticsは、ブログやウェブサイトだけではなく、モバイルアプリのアクセス解析も可能です。アプリのユーザー数閲覧の多いコンテンツアプリを終了するタイミング利用の多い時間帯などの解析など、有料のアカウント解析と比べても同等の機能を持っています。ちなみに今回は、ウェブサイトのアクセス解析を説明していますので、「ウェブサイト」を選択して下さい。

アカウント設定・・・アカウント名は、自分の好きなニックネームでOKです。

プロパティの設定・・・ここにあなたが運営しているウェブサイトまたはブログの情報(ウェブサイト名・ウェブサイトのURL・ウェブサイトのジャンル)を入力します。レポートのタイムゾーンはもちろん日本ですね。ちなみに日本は一番下から探して行った方が探すのが早いです。

ここまで入力が終了したら、下へスクロールして下さい。

次にデータ共有設定の画面が現れると現れてくると思います。
スクリーンショット 2015-02-14 22.35.39

Google Analyticsの設定に特にこだわりが無ければ、「他のGoogleサービスのみ」にチェックを入れるだけ良いでしょう。最後に、「トラッキングIDを取得」ボタンをクリックするとトラッキングIDが発行されます。

 

4.アナリティクス設定からトラッキングコードのコピー

アカウントの取得とウェブサイトの登録が完了すると、下の画面の様にトラッキングIDとトラッキングコードが発行されます。このトラッキングコードをブログに埋め込みますのでコピーをして下さい。

関連記事:コピーなど使用頻度の高いショートカットキーの一覧まとめ

スクリーンショット 2015-02-14 23.34.23

※上の画像ではトラッキングIDは念のため削除しています。

 

5.テーマの編集でトラッキングコードを埋め込む

最後に、wordpressを編集してコピーしたトラッキングコードを貼り付けるのですが、Googleは次のように指示しています。

トラッキングするすべてのウェブページに、コピーしたスニペットを貼り付けます(一切変更を加えず、スニペット全体をそのまま貼り付けます)。貼り付ける場所は、終了タグ </head>の直前です。テンプレートを使用してサイトのページを動的に生成する(PHP や ASP などの技術を使用する)場合は、トラッキング コード スニペットを特定のファイルに貼り付けて、そのファイルをページヘッダーでインクルードすることができます。

wordpressの「テーマの編集」ー「ヘッダー」の</head>の前に貼り付けましょう。これで完了です。

スクリーンショット 2015-02-14 23.37.22

 

 まとめ・注意点

これでアクセス解析の設定は終わりです。アクセス解析が見たい場合は、Google Analyticsの管理画面で見ることができます。

もし、1〜2日経ってもアクセスが0のまま変わらなければ、コードの設置位置など間違っている場合があります。その場合はもう一度ヘッダーのコードを確認してみましょう。

間違えやすい箇所として、貼り付ける正しい位置は</head>の前となっていますが、</header>というコードも下の方に出てきます。</head>の前に貼り付けたつもりで、実は</header>の前に貼り付けをしている場合もありますので、勘違いをしないよう注意しましょう。

 - wordpress , , ,

        

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

favicon-maker
「stinger5」でファビコンの設定をする為の5つの手順書

  wordpressのテーマを「stinger5」にするとディフォル …

g1219940476
ファビコンを作る時に参考になる!オシャレなファビコン5つの見つけ方

1.Gooleの画像検索で探す 簡単に多くのファビコンを探す方法に、Google …